被害者が自分を守る保険

自転車事故の被害者になった場合、自分を守るための保険はあるでしょうか。
いつ当事者になっても不思議ではない「自転車事故」、万が一のために備えましょう。

【自転車事故の被害者になった場合】
自分が自転車を運転していて、被害者になった場合、自分の損害は、
加害者側から賠償されます。(被害者側の過失がある場合は、過失相殺されます。)
☆加害者が自動車あるいはバイクを運転していた場合には、
  その任意保険や、自賠責保険から支払われることになります。
☆加害者が自転車の場合、保険は強制ではないので、保険に加入していない場合も考えられます。
  その上、相手に支払う能力がなかった場合、被害者は大変困った立場に追いやられてしまいます。
  被害に合う前に、自分が加入している保険について、調べておくことが必要です。

【被害者を守る保険】
☆交通事故傷害保険・・・怪我や事故に対応した保険
 交通に使われる乗り物(電車、自動車、原動機付自転車、自転車、飛行機、船舶等)に適応されます。
 自転車保険よりも範囲が広く、カバーされる補償の範囲も広くなります。
 補償の対象を「交通事故」と「建物・乗物の火災」の2つに限定しているため、
 支払う保険料は「普通傷害保険」よりも安くなっています。
☆人身傷害保険
 車を運転する人であれば、人身傷害保険も含めて加入することがお勧めです。
 この保険は、自分が車に乗っていない場合にも適応されます。
 歩行者であったり、自転車に乗っていた場合も含まれるので、被害者になった場合に心強いです。
☆無保険車傷害条項
 これは確認しておく必要のある条項です。
 車の任意保険の条項の中に「無保険車傷害条項」という条項があると、
 相手が保険に加入していない場合に、加害者が支払うべき賠償金額を、保険がカバーしてくれます。
 ※弁護士費用などの特約もあると更に安心です。

【事故にあったら】
☆どんな小さな事故でも警察に来てもらい、調書を書いてもらいましょう。
 保険の請求をするには、交通事故証明書が必要です。
☆なんともなくとも病院に行って受診しましょう。
 後になって後遺症が出るかのうせいもあります。
 病院での診断書・往復の交通費・薬代・診療報酬明細書など、全て残しておきましょう。
 会社を休まなければならない場合は、休業損害証明書を発行してもらいます。
☆相手の情報(名刺をもらうなり、名前と電話番号、住所)を教えてもらいましょう。
 保険会社が対応する場合も、自分で対応する場合も、相手の情報は必要です。