TSマーク付帯保険

自転車に貼ってある、赤か青のシールを見たことがある人、
あるいは、自転車屋さんで貼ってもらった経験のある人も多いのではないでしょうか。
TSというロゴが書かれたこのシール、どんな意味があるのかお話します。

【TSマークってなに?】
自転車屋さんで自転車を購入したり、整備をしてもらうと、貼られるTSマークのシール。
TSの意味は、Traffic Safety(交通安全)の略になっています。
(公)日本交通管理技術協会で認められた自転車安全整備士が、
正しく自転車を点検・整備したということを意味しています。
このTSマークには、傷害保険と賠償責任保険が付帯しています。
このマークの付いた自転車で事故を起こした場合に、保険でカバーされるのです。

【TSマークの補償内容】
自転車事故によるリスクは、深刻な賠償問題に繋がる場合があります。
TSマークは、そうしたトラブルの救済措置として、赤と青の二種類の保険があります。
☆青色TSマーク
 傷害補償:死亡、重度後遺障害(1~4級) 一律 30万円
        入院(15日以上)一律1万円
 個人賠償責任補償:死亡、重度後遺障害(1~7級)限度額1000万円
 保険料(整備・点検代金):1500円程度
☆赤色TSマーク
 傷害補償:死亡、重度後遺障害(1~4級) 一律 100万円
        入院(15日以上)一律10万円
 個人賠償責任補償 :死亡、重度後遺障害(1~7級) 限度額 5,000万円
 被害者見舞金 :入院15日以上 一律 10万円
 保険料(整備・点検代金):2000円程度

※補償の期間は一年間です。更新する場合は一年ごとの整備・点検が必要になります。

※整備・点検にかかる費用は、自転車の状態にもよりますし、お店によって料金はまちまちです。
 TSマークを取り扱っているお店を調べて、直接お店に問い合わせると良いでしょう。

【TSマーク請求手続き】
TSマークが貼ってある自転車で事故を起こした場合、まず110番へ連絡して事故の届出をします。
次に、三井住友海上火災保険(株)の事故受付センター(24時間受付)へ連絡をします。
保険会社から、保険金請求のために必要な手続きを連絡してきます。
15日以上の入院が見込まれる場合は、あらためて保険会社へ連絡をします。
お見舞い金は原則として、保険会社から被害者のかたへ支払われます。